PARTY PARTY(パーティーパーティー)のプロフィールの書き方

PARTY☆PARTYで魅せるプロフィールの作り方

PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)のお見合いパーティーに何度も参加したマサトです。


婚活パーティーで成功のカギを握るのはプロフィールカード。


魅力的なプロフィールカードを作れば、それだけカップリングに近づけます。




しかし、PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)のプロフィールは事前入力式。


他社とは勝手が違うので、独自の戦略が求められます。テキトーに書いていては失敗するばかりですよ。


PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)で好印象を得られるプロフィールの書き方をお話しますね。


PARTY☆PARTYのプロフィールの特徴

PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)のプロフィールカードは、紙ではありません。ネットでプロフィールを事前に登録します。


パーティーに申し込んだら、こんなふうに登録ができます。スマホからでも入力OK。


プロフィール登録




家でプロフィールを作成できるので、パーティー開始前に慌てて書く必要はありません。


一度作ったプロフィールは次のパーティーで使い回すこともできます。


じっくり考えて作れるのがPARTY☆PARTY(パーティーパーティー)のいいところですよね。




パーティー当日は一人一台配られるタブレットで、参加者全員のプロフィールを確認することができます。


パーティーが始まる前までなら、会場に着いてから自分のプロフィールを変更することも可能です。


プロフィール


PARTY☆PARTYではパーティー開始前にプロフィールが読まれるので、あなたのプロフィールは他社の婚活パーティーよりも熟読されます。


なので、自由記載の自己PR欄を上手に使うことがポイントです。

自己PR欄がカギを握る!

PARTY☆PARTYのプロフィールには以下の質問項目があります。


  • 名前
  • 年齢
  • 最終学歴
  • 身長
  • 年収
  • 職業
  • 続柄
  • お住まい
  • 現在の住居(一人暮らしか同居か)
  • 休日
  • 血液型
  • 婚姻歴
  • 喫煙
  • お酒
  • 趣味

そして最後には600文字で自由に書ける自己PRの欄があります。


PARTY☆PARTYでは、この自己PR欄に全力を注がないといけません。


自己PR


というのも、自由記載できるのは自己PR欄しかないからです。


そのほかの趣味・タバコ・お酒などの項目はすべて選択式になっています。


これらはタブレットで見ると、どの人も似たようにしか映りません。


画面で見るとほとんど印象に残らないのが分かりますでしょうか?


タブレットのプロフィール


つまり、自己PRで差をつけないと、ライバルと差がつかないんですね。




ところが、自己PRでありきたりな自己紹介をしている人ってとても多いんです。


こういう自己紹介ってよく見かけませんか?


「仕事柄出会いがなく、参加しました。休日はよく釣りに出かけます」


「少し人見知りですが、楽しくお話できればと思います。パン作りが趣味です」


こういうありきたりなプロフィールでは相手の心に響きませんよ!




では何を書けばいいかというと、相手が最も知りたいことを書いてあげましょう。


相手が最も知りたいこと、それはあなたの性格や価値観です。


婚活パーティーでは、相手は趣味や職業では分からない、あなたの中身を知りたいのです。


だから自己PR欄では、あなたの内面を見せるようにしましょう。


「飲み会の幹事をよくやるので、周りをぐいぐい引っ張っていくタイプです」


「穏やかな性格だとよく言われます。実際めったなことでは怒りません」


性格を裏付ける具体的な事例があるとGoodです。友達からよく言われることを他己紹介風に書いてもいいですね。


性格や価値観を書いておくと、読んだ人に「あ、自分にピッタリな相手かも」と思わせることができます。


そうすれば、パーティー開始前に一歩リードできますよ。




ただし、外見とのギャップには注意してください。婚活パーティーは第一印象が全てです。


見た目がおとなしそうなのに「明るいです!」と書かれても、「ほんとかなぁ?」とマイナスの印象を持たれますから。


自己PR欄には他人から見たあなたの客観的な性格を書くといいでしょう。



プロフィールに写真が登録できるパーティー


アプリを使って行うSmartPartyでは、プロフィールに自分の顔写真を登録することができます。


SmartPartyのプロフィール


これならどんな雰囲気なのか分かりやすいですよね。


あらかじめ写真を登録しておけば、会ったときのギャップはほとんど感じません。


写真は最大5つまで登録できるので、趣味やペットの写真を登録しておけば話題にもつながります。


パーティースケジュールでSmartPartyを選べば出てくるので、興味のある人は参加してみてください。


趣味は具体的に、共感を狙う

自己PR欄で絶対加えてほしいのが趣味に関する話題です。


というのも、PARTY☆PARTYのプロフィールは選択式で、「スポーツ」「音楽」といった大まかな内容しか選べないんですね。


大まかな内容を選んだだけでは、まったく相手の印象に残りません。


↓選択式で趣味の項目を選んでも……
趣味


↓タブレットで見るとあまり印象に残らない!
趣味


婚活パーティーでは趣味をきっかけに意気投合するパターンが多いのに、これでは話が盛り上がらないですよね。


なので、自己PR欄で趣味の補足説明を入れた方がいいんです。




ポイントはなるべく具体的に書くことです。


例えば「読書」だけでは、小説なのかエッセイなのかどんな本を読むのが好きなのか想像つきません。


なので、補足説明で「漫画が好きでワンピースは全巻持ってます!」のように書きましょう。


すると、「少年マンガが好きなんだ!この人とは話が合いそう」と、同じ趣味の人から好感を持ってもらいやすくなります。


「映画鑑賞」なら「休日は映画をよく見ます」と書くよりも、「ジブリが好きでマイベストはラピュタです」と具体的な作品を書いた方が印象に残ります。


具体的に書けば書くほどピンポイントで感情を刺激するので、好みが同じ人に強く突き刺さるんですね。


僕がプチお見合いに参加したとき、こういう具体例を書いた女性はいなかったので、書いておくとインパクトがあると思います。



ただし、あまりマニアックすぎる作品では誰にも分かってもらえないので、なるべくメジャーな作品を出した方がいいでしょう。


これは趣味全般に言えることですが、マニアックすぎる趣味は共感してもらえません。


むしろ「自分の趣味を優先する自分勝手な人かな?」と疑われるので、書くのを控えた方が無難です。


婚活パーティーでは「どんな趣味を持っているか」ではなく、「話が合うかどうか」が重視されます。また、「一緒に楽しめそうか」も見られています。


そのため、あまり奇抜な趣味は好まれません。婚活パーティーでは相手が共感できる趣味を前面に出しましょう。


共感できる趣味


たとえば「パチンコ」「釣り」「エステ」「ヨガ」などは、一緒に楽しむというよりも「おひとりさまを満喫してます!」という印象を与えてしまいます。


特に男性のギャンブルや、女性の自分磨き系の趣味は人気がありません。


他社の婚活パーティーであれば奇抜な趣味で相手の記憶に残る作戦も有効なんですが、PARTY☆PARTYではじっくりプロフィールが読まれるので、奇抜さよりも共感を狙った方がうまくいきます。


「食べ歩き」や「スポーツ観戦」など、付き合ったときに二人で楽しめる趣味を書きましょう。


自己PRの例文

自己PRでは職業や休日の過ごし方など、趣味以外の項目も具体的に書いておきましょう。


さらに最初に指摘した「自分の性格や価値観」も盛り込んでください。


では、男女別で自己PRの例文を紹介しますね。


男性の例文

はじめまして。横浜在住、都内で飲料メーカーの営業をやっています。
会社ではチームのリーダーを任されていて、後輩からは「頼りがいがある先輩」と慕われています。
趣味は音楽とドライブです。
ミスチルが好きで、車の中でもよく聞いています。一番好きな曲は「GIFT」!
一緒にドライブに行って、感動を分かち合えるようなお相手を探しています。よろしくお願いします。


女性の例文

はじめまして。京都在住、大阪市内で銀行の窓口をしているOLです。
上司やお客様からは「はきはきと丁寧な人」とよく言われます。
映画が好きで、中でもディズニー映画は欠かさず見てます。一番好きなのは「美女と野獣」です♪
休みの日は料理も頑張っています!クリームコロッケはうまくなりましたよ〜(*^-^*)
お互いに思いやりのある関係を作りたいです。よろしくお願いします。


どちらも性格・価値観・趣味が具体的に書かれているのが分かりますでしょうか?


実は、このようにプロフィールカードに長文が書けるパーティーって、ほとんどありません。


長文が書けるのは、自宅でプロフィールが入力できるPARTY☆PARTY(パーティーパーティー)だけです。


自己PRを魅力的にすれば、パーティーでの注目度は一気に上がります。なので、ぜひ有効活用してください。


じっくり時間をかけて、魅力的なプロフィールを作ってくださいね!




このエントリーをはてなブックマークに追加